健彰会クリニック整形外科リウマチ科、整形外科、鶴見区、リハビリ、リウマチ

健彰会クリニック整形外科リウマチ科

診療について

整形外科

一般的には外傷(ケガ)と、疾患(病気)を扱います。外傷(ケガ)とは、骨折や捻挫のことです。 骨折や捻挫のなかにも、厳重な治療が必要なものがあります。時には、手術を要するものもあります。そのような外傷(ケガ)を適切に初期治療し、しかるべき病院に紹介することも重要な仕事です。
整形外科の疾患(病気)といいますと、変形性関節症が一般的です。変形性関節症には、投薬治療だけでなく、関節注射や運動療法が有効です。当院に設置された最新の治療機械と、優秀な理学療法士による治療を行っていきます。

スポーツ整形外科

スポーツ活動に伴ってスポーツに特有の障害が生じることがあります。
たとえば野球では投球に伴って肩やひじの痛みを訴えることが多くあります。
無理をして投球を続けると関節に変形をきたし、スポーツを続けることが難しくなることもあります。
スポーツドクターと、アスレチックリハビリテーションに精通する理学療法士が治療を行います。

リウマチ科

病名としては関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどがありますが、関節リウマチという病名が使用されることが多いようです。
関節リウマチは、関節痛や関節変形を主症状とする、膠原病(自己免疫疾患)です。
原因はいまだ不知ですが、骨髄異常や感染説が有力です。
以前は不治の病で最後は車いすや寝たきりになるようなイメージがありましたが、最近では治療薬の進歩に伴い、関節の変形を抑え、早期に治療を開始すれば治癒する可能性も出てきました。
治療は薬物治療が主体です。変形や痛みが強い関節には手術を要することがあります。当院では、抗リウマチ剤や最新の生物学的製剤を使用した専門的な治療を含めた、薬物療法が行えます。

脊椎外科

脊椎外科というのは、背骨の病気を手術で治すことです。
背骨の病気の症状といいますと、首の痛み・肩こり・手足のしびれ・腰の痛みや坐骨神経痛といったものです。
病名としては、腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・頚椎症といったものになります。診断には単純X線検査と、時にはMRI検査が必要です。当院では、MRI検査はできませんので、近隣の大きな病院にお願いすることになっています。当院では手術以外の治療を、計画的に行っています。治療としましては、投薬治療や運動療法があります。また、神経ブロックが有効なものもあります。

ペインクリニック

お薬の効かない頑固な疼痛に対して、神経ブロック等を使用して治療するのがペインクリニックです。
具体的には、坐骨神経痛に対する硬膜外ブロックを行います。
病名は腰部脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などがあります。

小児整形外科

当院ではお子様の外傷や疾患の治療も積極的に行っております。
じっとできなかったり、骨が未熟なためレントゲン検査では詳細が分からない場合も超音波検査を併用して診察しています。
お気軽にご相談ください。

湿潤療法

以前は傷口は消毒して乾燥させることが望ましいとされており、ガーゼを当てることが一般的でした。
最近では傷口を乾燥させることにより、皮下の脂肪組織が壊死すること(これがかさぶたです)がわかり、傷口を覆って湿潤環境を保つことできれいに早く治せることが可能となりました。
当院でも湿潤療法に取り組んでおります。

健彰会クリニック整形外科リウマチ科

健彰会クリニック
整形外科リウマチ科

〒567-0804
大阪府茨木市総持寺台1-11
ホクセツメディカルモール1階

Tel.072-657-5055

Fax.072-657-5077

診療内容

整形外科・スポーツ整形・リウマチ科・ペインクリニック・小児整形
◆訪問診療、訪問リハビリも行っています。